スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
手ぬぐい完成と、新作。 


 完成した手ぬぐいが、昨日届きました!

 とっても綺麗な、薄青色です。表からはもちろん、裏から見ても綺麗に染まっています。

 ここでもさもさと制作過程実況をして、画像では見てましたが、こうやって実際手元に届くとやっぱり、いいですね。布ってすてき。

ep2.jpg

 布の左右のふちは、手ぬぐいらしくちゃんと切りっぱなしになっています。

ep3.jpg

 綺麗な色で仕上げて頂いて幸せです。丁寧に制作状況の写メを送ってくれた現場の友人に感謝。そして手がけて下さった手染物屋さんに感謝。

 今回は、私の地元であるいわての、一関という所にある京屋染物店さんという所にお世話になりました。伝統的な衣類なども手がける老舗の染物屋さんです。工場を見学させて頂いたり、とても親切にして頂きました。
 本当にありがとうございました。

 これから、全部を畳んで簡単な包装をする作業に入ります。ちょっとしたシールなど発注しました。並べるのが楽しみです。どきどき。



 さて一番上の画像でちらっと見えている「 empty parcel 」ですが、これが展覧会名です。月夜のサアカスさんで配って頂いているDMには載っているのですが、まだここで言っていませんでした。うっかり。


まつとり イラスト展「 からっぽのこづつみ 」

2011年11月1日(火)~31日(水)

場所:月夜のサアカス
台東区上野5-1-6 ヤマトビルB1

平日  11:30~22:00
土日祝 12:00~22:00 open


 新作イラスト数点と、今までの作品の鉛筆原画数点。約15点くらいの作品を展示させて頂く予定です。よろしければお越し下さいませ。1ヶ月という長い期間展示させて頂けるので、ゆっくりどうぞ。

 お店では、上の手ぬぐいも置かせて頂きます。
 また、お店で展示させて頂く新作は、そのままお店で買う事ができます。「からっぽのこづつみ」というひとまとまりの画集、ならぬ、ポスターセット、、でもなく、包み紙のセットです。箱入り。

「からっぽのこづつみ」展での新作は、よく包み紙として使われる"はまゆう(純白ロール)"という紙に印刷します。展名と関連させて、この紙を選びました。
 とても薄く、すぐにくしゃっとなるような繊細なものです。

 この辺はコンセプト(という名の妄想)に絡んでくるので、会期が始まったら、ここに細々と書くようにします。展示を見た後に、気が向いたらここに読みに来て頂けたらいいかも知れません。(書くの忘れないようにしないと…)



 そして、イラスト展用の絵をもうひとつ投稿しました。galleryと、pixivにあります。





 実はまだ、予定枚数の全部が完成してるわけじゃないので、どうなるかわからないのが正直な所。。未熟だなぁと思いつつ、とりあえず今回出来る事をまだもうちょっと粘って頑張るつもりでいます。

 よかったらぜひ。お越し下さいませ。あー緊張。。




 この記事書きながら、ニコニコの一挙放送のまどマギ見てます。
 さやかああああああ! ←6話なう

 
 
まつとりさんの優しい絵が、とても好きです。
secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。